二十四節気(季節を知る)と夏の食養生


二十四節気をご存知でしょうか



二十四節気とは

太陽の周りをまわる地球の道

黄道を24等分したもの。



地球が1年間で

太陽のエネルギーによって

どの時期にどんな風に影響を受け

変化しているのかを検証し

作られました。



まず

夏至(夏に至る=陽のエネルギーMAX)と

冬至(冬に至る=陰のエネルギーMAX)の「2至」で2等分し



さらに

春分と秋分の「2分」で2等分。

(春・秋を分ける

=陰陽のエネルギーが大地で入れ替わるとき

=陰陽のエネルギーが0になるとき)



それぞれの中間に

立春・立夏・立秋・立冬の4立を入れ

「8節」としました。



そして

1節の45日を15日ずつに3等分し

24節気が完成します♡



どれだけ地球の環境が変わっても

太陽の周りを道を外すことなく

同じように周り続ける地球、日本には

毎年、同じ節気が巡ってきます。



間隔が一定で

半年ことの季節変化に対応できる

節気というモノサシは



オゾン層がどんどん破壊され

環境ホルモンが飛び交い

温暖化が進むことで

春秋がほとんどなく

どんどん異常な気象になっていても



地球が太陽の周りを

規則的に周り続ける限り

この規則的なエネルギーのめぐりは

変わることがありません。



だから



このエネルギーリズムをよく理解し

このエネルギーを上手に利用し

食や生活に生かすと



身体に負担なく

季節の変わり目に体調を崩すことなく

上手に季節ととシンクロして

生きていけるでしょう♡

(不定愁訴が出ない♡季節の変わり目や

老化でガタッと来ない♡)



この節気を

どーしたらわかりやすく

イメージしやすくなるかなーと

考えていたら



とってもわかりやすい

動画つきサイトがありました♡

(教育番組みたいでちょっと懐かしいです)



とってもイメージしやすい二十四節気(動画つき)



お時間があるとき、ぜひ見てみてね♡



7/19



今は「小暑」の真ん中くらいの時期。



これから暑さが

本格的になる季節を表しています。 




小暑を細かく分けた七十二候では




暖かい風が吹き始め

セミの鳴き声が聞こえ

鷹の雛が飛ぶことを覚える時期で 

 


梅雨明けが近づき、集中豪雨が多く

発生する時期でもあります。 



 私たち人間にとっては、夏の暑さで

倦怠感や疲労感を感じ始めるころ。



 これは、汗をかくことが多くなって、

体内のカリウムが汗と一緒に

大量に放出されてしまうから。 



カリウムは、体内で心臓や筋肉の機能を

調整する働きがあります。 



これが不足すると

筋力が低下して脱力感を覚えたり

知覚が鈍くなって反射が低下したり

という症状が出やすくなるのです。 



なので



カリウムがとっても豊富な

旬のもの(夏野菜やフルーツ、枝豆やら)

をどんどんいただきましょう♡



知識なんてなくても

自然界に沿った生活

旬のものをいただいていたら

ちゃーんとその季節を快適に過ごす体が

出来上がります♡



カリウムカリウム!とか

ビタミンビタミン!とか

カプサイシーン!とか

たんぱく質ーーとかって

栄養素だけで考えて

旬のものでない食材ばかりだったり

特定のものばかり食べていると

(ご飯は主食だから別格ね♡)



他の何かが過剰だったり

足りてなかったり

冷やしすぎたり温めすぎたりで

いまいち体調を整えれなかったり

どこかに負担がかかったり・・。



体力がある人は全然ダイジョーブだけどね。



もう少し詳しい夏の食養生は

こちらでどーぞ


COLORS

Artist / Picture book author / Lifestyle & Harmony food designer 絵やデザインのお仕事を軸に、自分で体調を整え、かしこく美味しいお家ごはんが作れるように、食育講座や講演、プライベートセッションをしています。 心と身体に心地よく、地球に優しいもの選び。毎日を丁寧にシンプルに。 LIFE IS BEAUTIFUL

0コメント

  • 1000 / 1000