ただあるがままに

完全に満ち足りた

完全に自由な現実=覚醒とは

「わたし」の喪失にほかならない。



「わたし」という意識が

この肉体に宿っていて

「わたし」は確かに

ここに存在しているのだと

人はごく自然にそうとらえている。



だけれど



自分を認識している

その自己意識「わたし」こそが



分離と二元の幻想の

そもそもの始まりである。



「わたし」という個人は

もともとどこにもいない。



分離と二元の幻想の発端である

「わたし」が在るかぎり



満たされることのない

果てなき探求が延々と続いて



分離のもたらす苦しみから

逃れることはできない。



主人公の「わたし」そのものが

消え去ることによってのみ

二元の夢の物語にようやく幕が降ろされ



代わりに



すでにここに在りながらも

ずっと覆い隠されていた



真に満ち足りている真に自由な現実

分離のないあるがままの世界(=非二元)

が現れる。



一般的には



肉体の死によって訪れるこうした現象が

肉体が存続したまま起こり

自己意識が消失して

幻想の"私"が消え去ることを

覚醒と呼んでいる。

 

 

「原因と結果」という因果関係は幻想であり

本来覚醒するための方法や

プロセスというものはない。



しかしながら一方で



因果関係によって成り立っている

この二元の世界では

見かけ上は、目的地へ向かうための

道しるべが存在していて



完全に満ち足りた、完全に自由な現実

=覚醒へと至るための手掛かりを

先人の描いた十枚の禅画の中に

見い出すことができる。



覚醒の鍵=「牛」。



「牛」、すなわち自己の本質

ハイヤーセルフとつながり



人生の創造者としての内的パワーを

「わたし」が自分のものとして

所有する段階を経て初めて



「わたし」が消え去る準備が整い

覚醒への可能性が開かれる



と十牛図の十枚の絵図から

読み取ることができる。



以上、とある方の文を

転記させていただきました♡



目の前に起きている現実は全て

人の心が生み出した幻想。



あなたの意識が現実を生み出す。



何かで満たそうと

何かを手に入れようと

何かで補おうと

躍起になるのではなく



常識や思考の癖に囚われることなく


安心して流れに身を任せ

心の中での戦いを終わりにしよう。



その戦いが終わったら

世界はきっと平和になるんだから。



見えるものしか信じない人たちと

スピリチュアルにどっぷりな人たち



どちらも見たい世界を見てるだけなんだー。


あなたの目につき鼻につくこと
心が反応しちゃうことは何?

そこには、あなたの勝手な思い込み、こうあるべきという固定概念がみえてくるね。



あなたが欲しいものは?

それはきっと、自分の何かを補うために欲してるんだよね。無いが前提にあるってことに気付けるね。



自身を縛る思い込みや常識、感情パターンにどんどん気付いてあげて、それらに飲み込まれないようにしよう。


そうしていきながら



なにものにも

なにごとにもとらわれることなく



ゆるみすぎず、気張りすぎず

好奇心と自然感覚を指標に

流れるように生きれるよーになろう。



ただただあるがままに。




 パッカーン





こちょばいぜー





COLORS

Artist / Picture book author / Harmony food coordinator 絵のお仕事を軸に、自分で体調を整え、かしこく美味しいお家ごはんが作れるように、食育講座や講演、プライベートセッションをしています。 心と身体に心地よく、地球に優しいもの選び。毎日を丁寧にシンプルに。 LIFE IS BEAUTIFUL

0コメント

  • 1000 / 1000