YOKO TAIRA

Artist / Picture book author / Harmony food, body, mind and spirit coordinator

絵のお仕事を軸に、カフェやレストランのコンサルティングや食の講座をしています。

心と身体に心地よく、地球に優しいもの選び。毎日を丁寧にシンプルに。

LIFE IS BEAUTIFUL


Instagram
https://www.instagram.com/tiara444/

Facebook


まだよく分からない


これいつのかな

記事一覧(210)

二十四節気(季節を知る)と夏の食養生

二十四節気をご存知でしょうか二十四節気とは太陽の周りをまわる地球の道黄道を24等分したもの。地球が1年間で太陽のエネルギーによってどの時期にどんな風に影響を受け変化しているのかを検証し作られました。まず夏至(夏に至る=陽のエネルギーMAX)と冬至(冬に至る=陰のエネルギーMAX)の「2至」で2等分しさらに春分と秋分の「2分」で2等分。(春・秋を分ける=陰陽のエネルギーが大地で入れ替わるとき=陰陽のエネルギーが0になるとき)それぞれの中間に立春・立夏・立秋・立冬の4立を入れ「8節」としました。そして1節の45日を15日ずつに3等分し24節気が完成します♡どれだけ地球の環境が変わっても太陽の周りを道を外すことなく同じように周り続ける地球、日本には毎年、同じ節気が巡ってきます。間隔が一定で半年ことの季節変化に対応できる節気というモノサシはオゾン層がどんどん破壊され環境ホルモンが飛び交い温暖化が進むことで春秋がほとんどなくどんどん異常な気象になっていても地球が太陽の周りを規則的に周り続ける限りこの規則的なエネルギーのめぐりは変わることがありません。だからこのエネルギーリズムをよく理解しこのエネルギーを上手に利用し食や生活に生かすと身体に負担なく季節の変わり目に体調を崩すことなく上手に季節ととシンクロして生きていけるでしょう♡(不定愁訴が出ない♡季節の変わり目や老化でガタッと来ない♡)この節気をどーしたらわかりやすくイメージしやすくなるかなーと考えていたらとってもわかりやすい動画つきサイトがありました♡(教育番組みたいでちょっと懐かしいです)とってもイメージしやすい二十四節気(動画つき)お時間があるとき、ぜひ見てみてね♡7/19今は「小暑」の真ん中くらいの時期。これから暑さが本格的になる季節を表しています。 小暑を細かく分けた七十二候では暖かい風が吹き始めセミの鳴き声が聞こえ鷹の雛が飛ぶことを覚える時期で  梅雨明けが近づき、集中豪雨が多く発生する時期でもあります。  私たち人間にとっては、夏の暑さで倦怠感や疲労感を感じ始めるころ。 これは、汗をかくことが多くなって、体内のカリウムが汗と一緒に大量に放出されてしまうから。 カリウムは、体内で心臓や筋肉の機能を調整する働きがあります。 これが不足すると筋力が低下して脱力感を覚えたり知覚が鈍くなって反射が低下したりという症状が出やすくなるのです。 なのでカリウムがとっても豊富な旬のもの(夏野菜やフルーツ、枝豆やら)をどんどんいただきましょう♡知識なんてなくても自然界に沿った生活旬のものをいただいていたらちゃーんとその季節を快適に過ごす体が出来上がります♡カリウムカリウム!とかビタミンビタミン!とかカプサイシーン!とかたんぱく質ーーとかって栄養素だけで考えて旬のものでない食材ばかりだったり特定のものばかり食べていると(ご飯は主食だから別格ね♡)他の何かが過剰だったり足りてなかったり冷やしすぎたり温めすぎたりでいまいち体調を整えれなかったりどこかに負担がかかったり・・。体力がある人は全然ダイジョーブだけどね。もう少し詳しい夏の食養生はこちらでどーぞ

静脈瘤(血液ドロドロと運動不足と緊張と冷え)

静脈瘤って一般的には静脈内の弁が正常に働かなくなったとかなんじゃかんじゃってものですよね?←雑すぎだな笑いろんな理由があるけれど、ひとつは食生活や過度の緊張(ストレス)によって血液がドロドロになり*中医学的には血液内に瘀血という病理物質がたくさんできた状態運動不足や冷えによって更に流れが悪くなり瘀血(病理物質・固まりみたいなん)が流れきれず、ある部分で糞詰まりみたいに詰まった状態に仕上がります♡詰まってるからその先に血液がいかないから痺れや痛みが出てくるしもどらないから浮腫む。脚を挙上して寝ても戻らない。マッサージしても歩いて筋肉で血管動かしても詰まってるから一瞬楽になるくらいで戻らない。 だから血管内に詰まった固まり(オ血)を溶かし流していきましょう♡そんな単純なの?単純なの♡では、家庭でできるお手当法をご紹介しましょう♡どんどん水分が蒸発してカッチカチになった泥沼と同じよーな固まりを溶かすのに方法のひとつはドンっドロドロドローーーーードンっ!まず、お好みの生姜湯(または生姜シップ)やクレイ湯、ヘナ湯で脚を温め白く浮き出た斑点を探し出す*白く浮き出たところは冷えているところ=瘀血の塊があるところそこに、ビワの葉シップや里芋パスタークレイシップなどを貼り付け溶かして流してやる。以上♡改善するまで繰り返す。こんなのきかないでショー!とかさっさと治したいの!って方は手術を受けたらいいね!どちらにせよまたやっちゃわないよーに・食生活を整え、血液がドロドロにならないよーにする・ストレスや緊張をほぐすためにも適度な運動をする・心臓から遠く離れたところは冷えやすいから冷えないよーに気をつけるを意識してみてね♡とはいえ心のポンプが弱くて起きていたり肝の働きがくるって起きていたり腎の働きが弱って起きていたり(ホルモンバランスの崩れや甲状腺機能が低下していたり)原因はさまざまだから自己判断せず信頼する先生に診てもらいましょう♡頑張った自分を褒めてヨシヨシしてあげながらまたそんなことにならないように頑張ってくれてる身体もちゃーんと労ってあげてください♡#organiclife#お手当#静脈瘤#prayforsmile#happy

子どものよーに遊び回って汗をかいていないなら(夏バテと熱中症予防)

猛暑だけれどエアコンガンガン。汗をちゃんとかいていますか✨夏は、汗をかくことて体表を冷やすため水分が多い食物が実ります♡外に出たり動き回って汗をかくことが少ないのに冷やすものや水分ばかり摂っていると身体の中に余分なお水が溜り浮腫みやダルさの原因になり胃がクタクタになって働けなくなって8月前後には夏バテに。そんなときは利尿作用が高い豆類や玉蜀黍、ゴーヤや冬瓜、西瓜お葱の根っこや玉蜀黍のヒゲ緑茶や麦茶、はと麦茶を。汗をかくだけでも気を消耗するので気を補ってくれるご飯や冷や麦、イモ類を。胃の調子が悪くて消化できないわーならゆっくり火入れした玉ねぎやキャベツ。紫蘇や少量のお薬味をプラスしてみましょう♡また汗ダーダー漏れてるんじゃない?ってくらいかいてるときならしっかり水分を摂りつつ(甘いドリンクはNGね。脱水状態で甘い飲料とると急性の糖尿病になっちゃうリスクもあるからねー)梅干やレモンを摂って出過ぎる汗を留めてあげましょう♡(熱中症予防)酢飯は疲れた肝臓をヨシヨシし気力を補い体液を作ってくれる理にかなった最高の伝統食だからぜひ簡単ちらし寿司でも作ってみてね。夏の合言葉は失ったものはその日のうちに♡(失った体液=血はその日のうちに補充)夏バテを防ぐために1日1回は身体の内側から汗をかきましょう♡(温かい汁物を摂ってじんわり汗をかく)食べれないからダイエット出来てラッキー♡は、どんどん痩せれない身体を作っていくので気をつけましょう♡#organiclife#naturalbeautyfood#VEGAN#日本の伝統食文化#ちょっちゅ工夫#ちょっちゅねー#prayforsmile#happy